乳首の色は年齢による女性ホルモンの変化が影響しています

乳首の色は年齢による女性ホルモンの変化が影響しています

乳首の色が年齢によって変化するのは、女性ホルモンが大きく影響しています。
黒ずんでいる人は遊んでいる人と思われがちです。

 

しかし、これは都市伝説のようなものです。
決して男性経験の数が影響しているわけではありません。

 

年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンの分泌量は変わってきます。
それによって乳首の色も変化してくるのです。

 

若い女性の乳首の色がピンクなのは、まだまだ女性ホルモンの分泌量が少ないからです。
そもそも乳首の色はメラニンの影響によるものです。

乳首の色を変化させるメラニンは

メラニンは肌の黒ずみやシミ、そばかすなどを引き起こすものとしてマイナスイメージがつきまといますが、
基本的には紫外線から人間の身体を守ってくれる非常に重要なものです。

 

当然このメラニンを作り出す細胞は乳首にも存在しており、メラニンが定着すると乳首が黒ずんできます。

女性ホルモンとメラニン色素の関係

メラニンは女性ホルモンが活発に分泌されている時期に肌に定着しやすくなります。

女性が妊娠をしたときに乳首の色が黒ずんでくるのは、この影響によるものです。
出産をしたあとも黒ずみが残ることもありますが、これ仕方ないことともいえます。

乳首の黒ずみを元のピンク色にするには

乳首の色は年齢による女性ホルモンの変化が影響しています

乳首の色の変化は個人差があります。
体質などによっては、出産後に元のような薄いピンクに戻る場合もあります。

 

乳首の色は女性ホルモンが大きく影響しているものです。

なかなか本人の努力だけでは改善することが難しい場合もあります。

世の中にはこのことで悩んでいる人も多いです。
さまざまな美白グッズが販売されていますし、専用のマッサージなどもあります。
どうしても気になる人はそれらを利用してみるのもいいでしょう。

 

美容クリニックなどでレーザー治療により改善するという方法もあります。
しかし、保険適用外ですので治療費は高いです。

 

何回も通院しなければいけないので、費用対効果も含めて慎重に検討してからにしましょう。
もし美容クリニックを利用する場合は、医療技術の高い実績あるクリニックを探し出すことが大切です。

 

>>黒ずんだ乳首をピンク色に近づけたい方はコチラが参考になります<<