乳首黒ずみのかゆみの原因とその対策法

乳首黒ずみのかゆみの原因とその対策法

乳首の黒ずみで悩む人は女性にとても多いです。
なかでも、乳首にかゆみがあらわれたら要注意です。
時々あらわれる乳首黒ずみのかゆみの原因は何でしょうか?

 

そして、かゆみを放っておくとどうなるのでしょうか。
かゆみ対策も合わせてご紹介します。

乳首の黒ずみに、かゆみが生じる原因

乳首の黒ずみは、メラニン色素と関係があると言われています。
メラニン色素でよく聞くのが、紫外線によるシミやそばかすです。

 

乳首は衣服に隠れており、紫外線とは無縁のはずです。
しかしながら、メラニン色素は、紫外線は勿論、摩擦などの刺激などによっても発生してしまいます。

身体の中でも、乳首はとてもデリケートな部位です。

また女性の場合、生理前後は、皮膚がとてもデリケートになります。

 

そのため、ちょっとした摩擦でも反応してしまいます。
乳首が過度に擦れたり、乾燥したりすると、メラニン色素が発生しやすくなるので、注意します。

乳首にかゆみを感じたら、保湿ケアをしましょう

乳首黒ずみのかゆみの原因とその対策法

乳首の黒ずみが、かゆみを帯びてくると、乾燥が激しくなっているケースが考えられます。
かゆみのある皮膚は、キメが乱れ、水分が蒸発しているという状態です。

 

水分が蒸発すると、真皮層を守っているクッションがないのと同じです。
刺激はダイレクトに肌の奥へと伝わり、様々なトラブルを引き起こします。

 

乾燥によるトラブルが乳首のかゆみに

その1つがメラニン色素の発生による黒ずみです。
このような理由から、乳首黒ずみがかゆくなったら、保湿ケアを行うのが一番です。

 

保湿の方法としては、クリームやオイルなどを塗ることが一般的です。
しかし、もともと皮膚が薄く、デリケートな部位です。

 

成分によっては刺激がつよかったり、赤味が出たり、ヒリヒリと感じることがあります。
出来るだけ、刺激の少ない敏感肌用のスキンケア商品を使用しましょう。

また、黒ずみを抑える効果があるハイドロキノンやアルブチンなどを乳首に直接使用する人がいます。
刺激が強い成分ですので、かゆみがあらわれている際は、使用を控えた方が賢明です。

乳首の黒ずみ用クリームや、乳首に特化したクリームは、それなりに成分が配慮されています。
専用のクリームを乳首に優しく塗ることが、トラブルを避け、黒ずみを抑える近道です。

 

>>黒ずんだ乳首をピンク色に近づけたい方はコチラが参考になります<<