乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

乳首の黒ずみを薄くするには、どんな方法がある?

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

いつの間にか黒ずみが気になってしまった乳首の色を、どうにかしたいと悩む女性は少なくありません。
例えば友達と一緒に遊びに行ったとき、温泉やプールで着替えるときがありますが、ほかの女性の乳首の色が気になってしまいませんか?

 

デリケートな部位なのでじっくり観察するわけにはいかないものの、他人の乳首の色は気になります。
もちろん自分の乳首の黒ずみ具合も知られたくありませんから、胸を隠しながら着替える女性も多いのです。
どうして乳首が黒ずんでしまうのか、その原因を紐解きながら乳首を薄くするための正しいケアをはじめてみませんか?

乳首やバストトップが黒ずむのはどうして?

自分の体をじっくり観察してみると、乳首以外にも黒ずんでいるところがあると気づく方も多いのではないでしょうか。
若いころはもう少しキレイな色だったはずだし、肌を撫でた感じもザラザラして潤いがない、そう感じるはずです。

 

なぜ乳首黒ずみなど生まれてしまうのか気になるところです。
その原因を追究していきましょう。

原因①メラニン色素の沈着

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

私たちの肌が黒ずむのはメラニン色素が沈着することが要因です。
日差しの強い夏に海やプールに出かけると日に焼けます。

 

あれは肌の内側でメラニンが生成されて、それが肌表面に出てくることから日焼けした小麦色の肌になります。
これと同じ現象が乳首にも起きているのです。

 

肌を日に焼いたということはそれだけ大きな肌ダメージを受けています。
このダメージから肌表面を守ろうとしてメラニンが大量に生成されます。

 

本来は潤いのある肌ですが、自己防衛のためにメラニンが生成されると肌表面が厚みを増して硬くなります。
そうすれば多少の刺激から肌を守れると体が判断するからです。
硬くなった肌は確かに厚みがあって丈夫そうに見えますが、決して美しい肌とは言い難いのが現状です。

 

しかし、乳首は日に焼けないのになぜメラニンが生成されるのか不思議に思う方もいるでしょう。
先ほど話したように、メラニンは刺激から守るため過剰に生成されます。

 

その刺激は日焼けだけでなく、例えば下着の摩擦なども要因ですし、肌が乾燥することも肌ダメージのひとつになります。
日に焼けたわけでもないのに黒ずみが生まれてしまうのは、多くの刺激から守ろうとする体の自己防衛なのです。

原因②ホルモンバランスの乱れ

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

そのほか、ホルモンバランスの乱れも要因のひとつと言われています。
ホルモンバランスが乱れることでターンオーバーも同じように乱れることが分かっています。

 

ターンオーバーとは肌が生まれ変わることを指しますが、本来であれば28日周期ぐらいで肌が生まれ変わります。
これによって肌表面の古い角質がはがれて、その下から新しい潤いのある肌が出てくるはずなのです。

 

しかしターンオーバーが乱れると、いつまでも古い角質が残ったままになります。
古い角質が徐々に硬くなり、黒ずみになってしまうのです。

乳首の黒ずみを生んでいるのは自分のせい?

ボディケアを見直しましょう

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

まさか自分のせいで乳首黒ずみがひどくなっているなんて、想像もしていなかった方が多いはずです。
毎日のボディケアを思い出してみてください。

  • 体を洗うとき、どんな方法で洗っていますか?
  • 体の汚れをしっかり落とすためにスクラブ入りのボディソープを使っていませんか?
  • 洗い心地がサッパリして気持ちがいいからとナイロンタオルを使っていませんか?

実はこれが大きな間違いなのです。

 

確かにどちらも汗や汚れをスッキリ落とせるので気持ちがいい感じがしますが、この二つも先ほど話した肌ダメージの大きな要因になっています。
どちらも肌表面を健康に保つための潤いも根こそぎ落としているのです。

 

大きな摩擦によって潤いがなくなった肌は、どんどん乾燥していきます。
黒ずみが出来てしまうのも納得でしょう。

サイズのあったブラジャーを身につけましょう

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

それから摩擦といえば下着も見直してみてください。
普段どんなブラジャーをつけていますか?

 

もうお気づきだと思いますが、ブラジャーの締め付けも摩擦の原因に繋がります。
もちろんノーブラで街を歩くことは抵抗がありますし、ノーブラだとしてもシャツとの摩擦が生じてしまいます。
正しい方法は自分のバストサイズに合うブラジャーを付けることです。

 

バストサイズより小さいタイプだと締め付けがきつくなり、その分摩擦が強く生じてしまいます。
逆にバストサイズより大きいと、ブラジャーの中で胸が動いてしまうため、それも摩擦の原因となるのです。

 

バストトップとアンダーバストのサイズをメジャーで測り、自分のサイズに合うブラジャーか確かめてください。
これが乳首黒ずみを薄くする方法のひとつになりますので、いまお持ちのブラジャーを一度見直してみてください。

乳首黒ずみを薄くするための正しいケア

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

特に専用のアイテムを使わずに自宅で出来る簡単な乳首ケアがあります。
乳首黒ずみを薄くするための方法としておすすめされているのが「ヨーグルトホエーパック」です。

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

ヨーグルトホエーパックで黒ずみを薄くする!

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

ホエーとはヨーグルトの上澄みに出てくる透明な黄色っぽい液体のことです。
健康志向が高い人はすでにご存知かもしれませんが、健康のために積極的に取り入れたい成分のひとつとして知られています。

 

このホエーには乳酸がたっぷり含まれています。
肌の美白効果が期待出来たり、毛穴もキレイにしてくれると評判です。
美容意識の高い芸能人もこの方法で乳首ケアを続けていると語っています。

 

直接食べるものなので安全ではありますが、必ずパッチテストを行って安全を確認してから継続するようにしましょう。

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

サプリで体質やホルモンバランスを安定させる

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

それから手軽と言えばサプリメントです。
体の中から体質改善をするため即効性は期待できないものの、乳首黒ずみを薄くするための体質改善には心強い味方になるでしょう。

 

例えばプラセンタはお肌のターンオーバーの働きを促す作用をもたらします。
ホルモンバランスを整えることで正常に働くようになります。

 

ターンオーバーが働けば古い角質がはがれて新しい肌が次々に生まれてくるため、乳首黒ずみが徐々に薄くなってくるでしょう。
メラニンの生成を抑える作用ももたらします。

  • メラニンの生成を抑えるビタミンC
  • お肌に潤いを与えるコラーゲン
  • お肌にハリを生むコエンザイムQ10

これらが配合されているサプリを積極的に取り入れてみてください。
安全に飲み続けるために、もしも普段病院から処方されている薬を飲んでいる場合は、担当医に薬の飲み合わせを相談して安全を確認しましょう。

乳首の黒ずみを薄くする方法を知りたい方へ

乳首ケアアイテムで黒ずみを改善

ホスピピュア

それから市販されている乳首ケアクリームもおすすめします。
すでに乳首黒ずみを薄くするために使い始めている方は多く、SNSなどでも使い心地を報告している女性が増えてきました。
もちろん乳首そのものの写真を掲載しているのではなく、手の甲にクリームを乗せて伸びや肌への馴染む様子を紹介しています。

 

例えば「ホスピピュア」は、湘南美容外科と共同開発した乳首ケアクリームです。
実際に使ってた女性の満足度が94%ですから、乳首黒ずみが薄くなっていることを実感している女性が多いことが分かるでしょう。
乳首の皮膚はデリケートですから、5つの無添加成分配合というのも嬉しい限りです。

 

「ピュレパール」というクリームも人気です。
メラニン生成を抑える働きのあるプラセンタと、肌ダメージを滑らかにしてくれる働きのあるグリチルリチン酸2Kが含まれています。

 

ホスピピュアもピュレパールも乳首以外の部位に使えることも人気の理由になっています。
フェイスケアはもちろんのこと、黒ずみが気になるワキ、ヒジ、ヒザ、Vライン、お尻、くるぶしなどにも使えます。
お風呂上がりの清潔になった肌に毎日使い続けることで、ピンク色のキレイな乳首を目指していきましょう、

 

>>黒ずんだ乳首をピンク色に近づけたい方はコチラが参考になります<<

《どうして乳首が黒ずんでしまうの?原因から対策を考えましょう》関連記事

いつの間にか黒ずみが気になってしまった乳首の色を、どうにかしたいと悩む女性は少なくありません。例えば友達と一緒に遊びに行ったとき、温泉やプールで着替えるときがありますが、ほかの女性の乳首の色が気になってしまいませんか?デリケートな部位なのでじっくり観察するわけにはいかないものの、他人の乳首の色は気に...

出産後に乳首やバストトップが黒ずむ原因は出産後は赤ちゃんのお世話で時間に追われる毎日を過ごすことになるママたちは、自分のことは後回しで赤ちゃんや家族のお世話で一日を終えてしまうと口を揃えています。赤ちゃんから目が離せないですし、赤ちゃんが寝ている間に掃除や洗濯、食事の準備などに時間がとられますから、...

page top