乳首黒ずみの原因は出産や高齢化だけじゃない

乳首黒ずみ,クリーム

乳首は一般的にピンク色をしているものだと思われていますよね。
だから乳首黒ずみは女性にとって恥ずかしいものです。

 

俗説では男遊びが激しいと言われている事からそのようなイメージを抱いて嫌悪感を持っているという人も少なからずいます。
ですが実際には乳首黒ずみには色々な原因があるとされていて、その中には本人ではどうすることもできない理由もあります

 

ではどのような原因で乳首が黒ずんでくるのかと言うと、まず一般的に知られているのが出産や高齢化による変化です。

 

乳首の黒ずみの原因

出産

乳首黒ずみ,クリーム

女性は、出産の際に女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます
それによってメラニン色素が増えてしまう事から乳首が黒くなってしまうと言う事は珍しい事ではありません。
しかも授乳の際に乳首に強い摩擦や力が加わるので余慶に黒くなりやすく、結果的に乳首が集中して黒ずんでしまうと言うわけです。
ただしこれは人によってはホルモンバランスが整う事で元の色に戻ると言う事もあります。

 

高齢化

乳首黒ずみ,クリーム

高齢化は肌のターンオーバー能力が下がってくるためにメラニン色素がどんどん沈殿してしまいます。
こちらも老化現象であることから多くの女性が経験するものです。
逆に高齢化によってメラニン色素そのものの分泌量が少なくなるので乳首黒ずみが改善すると言う場合もあるようです。

 

 

服などの摩擦

乳首黒ずみ,クリーム

服や下着などによって摩擦が加わり続けると、その刺激から乳首を守ろうとしてメラニン色素が乳首に集中してしまって黒ずんでしまうと言う事もあります。
これが俗説である男遊びが激しいから乳首黒ずみがあると言われている原因とされています。
外部からの刺激を受けすぎているからという部分が変な意味で解釈された結果だと考えられています。

 

 

生まれつき

乳首黒ずみ,クリーム

また元々生まれつき乳首が黒ずんでいると言う人もいます。
実はこの生まれつきが原因であると言う人は意外と多く、メラニン色素の量に個人差があるからこその原因となっています。
だからといって病気を持っているというわけではなく、むしろ全身のメラニン色素が多いので外部からの刺激に対して強いと言うメリットとして考える事もできます。

 

紫外線・生活習慣

乳首黒ずみ,クリーム

さらによく言われている原因として知られているのが紫外線や生活習慣です。
紫外線は乳首だけではなく顔面のシミの原因としても知られているので原理は同じです。
生活習慣に関しては偏った食事をしたり睡眠不足状態が続く、ストレスを受けるなどの環境によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、出産の時と若干似たような状態になってしまうことが原因となっています。
なのでこちらも生活習慣を改善して、女性ホルモンのバランスを整えてやればピンク色に戻る可能性が高いです。


効果とコストを考慮した「乳首黒ずみ対策」おすすめリスト

 

ピューレパール

【ピューレパール】自宅で簡単「黒ずみ」ケアと言えば!の特徴

エステ級ジェルなので「ワキ」だけでなくヒジ・お尻・乳首にも効果的です!!

【ピューレパールの魅力】
1.潤い7大成分で傷んでしまった肌力をアップします!
2.ナノ化した美白成分で厚い角質にスーッと浸透!
3.天然ビタミンEでニオイケアもしっかり抑えます!
4.もちろん安心の無添加・低刺激なので敏感肌の方にも大丈夫です!

特徴 試しやすい60日間全額返金保証付きです!
価格 7,600円 ⇒ 4,750円 +送料無料
 
 

ホスピピュア

【ホスピピュア】湘南美容外科クリニックと共同開発の特徴

湘南美容外科クリニックと共同開発した薬用美白クリーム!!
女性の肌やさまざまな悩みに応えてきている美容のプロである
湘南美容外科クリニックとの共同開発なので品質効果に自信があります!

【ホスピピュアの魅力】
1.90人の皮膚の専門家が在籍する湘南美容外科が監修
2.バストトップやデリケートゾーンはもちろん体中に使える薬用美白クリーム
3.医薬部外品なので安心して使えます!

特徴 90日間返金保証 安心してお試し出来ます!
価格 9,000円 ⇒ 5,500円(特別限定価格) +送料無料!
 

乳首黒ずみ改善対策として正しい食事と十分な睡眠を

乳首黒ずみの真の原因はメラニン色素によるものです。
メラニン色素の働きが活発になると、乳首黒ずみを誘発します。

乳首の黒ずみ対策1<食事>

乳首黒ずみ,クリーム

乳首黒ずみを改善するのに有効なのは、まず、食事対策です。
乳首をピンク色に近づけるために必要な成分は下記です!

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン

 

多く含まれる食品としては、下記の食品に多く含まれています。
ビタミンC・・・赤ピーマンゆずレモンパセリ
ビタミンE・・・アンコウの肝筋子明太子いわし
βカロテン・・・かぼちゃ人参春菊モロヘイヤ
動物性脂肪を多く含む食品は、血行不良の原因となり、乳首黒ずみにつながることもあるので、控えめにしましょう。

乳首の黒ずみ対策2<生活習慣の改善>

乳首黒ずみ,クリーム

対策その2としては、生活習慣を整えることです。
乳首黒ずみは女性ホルモンのバランスが崩れることが原因で起こることも多いためです。

 

女性ホルモンは大きく分けてプロゲステロンとエストロゲンの2つに分けられます。
プロゲステロンはメラニン色素を多く分泌する作用があります
この動きが活発になると乳首黒ずみが発生しやすくなります。

 

改善させるには、睡眠不足や運動不足、ストレスなどはNGです。
睡眠時間は十分とり、規則正しく健康的な生活を送ることが大切です。

 

他に、紫外線の浴びすぎ、生活習慣の乱れなども乳首黒ずみを引き起こすことがあります。
衣服を着ていても紫外線は少なからず、乳首に影響を及ぼします。
日焼けしないようにと顔や手足に気を配る人は多いですが、胸の部分のUVカットも意識することがポイントとなります。

乳首黒ずみの対策はクリームを塗るのが良い

乳首黒ずみ,クリーム

女性にとって乳首黒ずみはとても大きな悩みです。
しかも人にはなかなか言えない悩みであり、人知れず悩んでいる女性がたくさんいます。

 

原因には、加齢や妊娠、授乳、摩擦やアトピー性皮膚炎などがあります。
ターンオーバーの乱れやホルモンの影響、炎症など過程は様々ですがいずれもメラニンという色素が関係しています。

 

メラニンとは、皮膚の中にある黒色の色素のことです。
紫外線から細胞を守るなど人間にとってなくてはならないものですが、過剰なメラニンが原因で色素沈着を起こすことがあります

 

乳首の黒ずみには美白成分のクリームが効果的

乳首黒ずみ,クリーム

乳首黒ずみの対策の1つとして美白成分の入ったクリームを塗るというのがあります。
メラニンの生成を抑え、すでにあるメラニンを薄くする成分が入ったものを選ぶと効果が期待できます。

 

美白成分には「ビタミンC誘導体」、「ハイドロキノン」、「トレチノイン酸」、「ルミキシルペプチド」などがあります。

 

市販されているものもありますし、より高い効果を望むのであれば、皮膚科または美容外科を受診して処方してもらうことができます。
処方薬は市販薬よりもより成分の多く入ったもので、また個人の状態にあったものを処方してもらえます。

 

レーザー治療と言う方法もありますが高い効果が得られる反面、色ムラがでたり炎症を起こすといったリスクがあります。
クリームを塗るというのは安心して手軽に行える方法と言えます。
乳首黒ずみでお悩みの方はまずクリームを塗るのを試してみると良いかもしれません。


話題の乳首黒ずみ対策クリーム塗る体験談について

乳首黒ずみ,クリーム

中学生時代に親しい男友達から「、乳首の色が黒ずんでる女性は遊ぶ人で尻軽な女性で、乳首がピンク色の女性は処女が多い」という話を聞きました。

 

それからは、自分の乳首が黒ずんでいた事がずっとコンプレックスでした。

 

高校生の頃にできた彼と初エッチの時に、彼から、「乳首が黒すぎる」と言われた事がショックで、それから男性恐怖症になってました。
その悩みは、恥ずかしくて女友達にも相談できなくて一人で悩んでいました。

 

そんな時、女性ファッション雑誌の広告で、乳首黒ずみを対策クリーム塗る体験談を見つけました。
そこにあった、塗り始めてから短期間で黒ずみが無くなり、乳首の色がピンク色に変わる使用前と使用後の写真の変化に興味を持ち、ネットで調べる事にしました。

 

乳首の黒ずみ対策のクリームを調べると無数のクリームが売られていました。
同じ悩みを抱えている女性も多いんだなとちょっと安心しながら、1つずつ商品の違いを分析して行きました。
様々な商品説明を見ていくと、乳首の黒ずみの原因は、メラニン色素であることを知りました。

 

乳首にメラニン色素が発生する理由の上位は、先天的な原因や、日焼けや出産による原因でしたが、乳首への刺激も原因でした。
これが遊び人の女性が乳首が黒くなる原因の根源だと気付いたんです。

 

それで何とかしようと思い、一番売れている肌のホワイトニング保湿クリームをネットで注文しました。

 

届いたその日から、乳首を中心として胸全体にホワイトニング保湿クリームを塗り始めました。
クリームを浸透させるために、肌の血行をよくする胸のリンパ腺マッサージをして塗り続けて、1週間ぐらいすると黒ずみの濃さが若干薄くなってきました

 

クリームの説明書に乳首に刺激を与えないように下着の締め付けモ良くないと書かれていたので、ゆったりとしたブラジャーに変えました。

 

それから、ほとんど変化がなかったので、もう止めようかなと思うようになってきました。
止めずに2か月ぐらい経つた頃から、激的な変化があり、胸の黒ずみが急激に薄くなり、自分でも見た事ないぐらいのピンク色の乳首に変わっていきました


「乳首黒ずみの原因と正しい対応方法」関連情報